キーワード検索
詳細検索





いちばんやさしい 生理学

生理学を学び始めた方のために、生理学の基礎的な知識をやさしくオールカラーで解説。付属の赤シートを載せると重要な用語が消えるので、復習にも役立つ。
医療、看護、コ・メディカルの志望者・関係者必読の一冊。

加藤 尚志 監修   南沢 享 監修

ISBN:978-4-415-32071-7
2015年11月25日発行
A5判 256ページ
価格 1,728円 (税込)


正誤情報やダウンロードはこちら

CONTENTS
【1章】 生理学とは
  • 生理学とは何を学ぶ学問か
  • 生理学の歴史
  • 体を構成する器官
  • 生理学からわかる病気の症状

【2章】 栄養を取り込む(消化器系)
  • 消化と吸収のしくみ
  • 口腔・食道のはたらき
  • 胃のはたらき
  • 十二指腸のはたらき
  • 小腸のはたらき
  • 大腸のはたらき  ほか

【3章】 エネルギーを引き出す(呼吸器系)
  • 呼吸のしくみ
  • 呼吸に必要な器官
  • 呼吸運動のしくみ
  • 呼吸の調節機能  ほか

【4章】 栄養や酸素をめぐらせる(循環器系)
  • 循環器系の役割
  • 血管の役割と構造
  • 血圧と心臓
  • 心臓の役割と構造
  • 心臓のポンプ作用
  • 心臓の電気的興奮  ほか

【5章】 体をめぐり、守る(血液・造血系)
  • 血液のはたらきと成分
  • 血液がつくられるしくみ
  • 赤血球のはたらき
  • 白血球のはたらき
  • 血小板のはたらき  ほか

【6章】 不要なものを捨てる(腎・泌尿器系)
  • 腎・泌尿器の役割
  • イオン(電解質)バランス
  • 腎臓の構造
  • 尿をつくるしくみ
  • 腎臓に作用するホルモン
  • 排尿のプロセス  ほか

【7章】 体を動かす(筋・骨格系)
  • 筋肉の種類とはたらき
  • 筋肉の構造
  • 筋肉が収縮するしくみ
  • 筋肉への情報伝達
  • 骨のはたらきと形成
  • 骨の構造  ほか

【8章】 情報をコントロールする(脳・神経系)
  • 神経系の機能と分類
  • ニューロンとシナプス
  • 興奮の伝達のしくみ
  • 中枢神経の構成
  • 大脳のはたらき
  • 小脳と脳幹のはたらき  ほか

【9章】 体のはたらきを調節する(内分泌系)
  • ホルモンのはたらき
  • 作用のしくみと分類
  • ホルモン分泌の調節
  • 視床下部・下垂体ホルモン
  • 甲状腺ホルモン
  • 副甲状腺(上皮小体)ホルモン  ほか

【10章】 子孫を残す(生殖器系)
  • 精子と卵子の形成
  • 精子生成と射精の仕組み
  • 排卵と受精
  • 胎児の成長
  • 胎盤の構造と胎児循環
  • 妊娠時の母体の変化  ほか

【11章】 情報を受け取る(感覚系)
  • 感覚のはたらきと種類
  • 視覚のしくみ
  • 聴覚のしくみ
  • 平衡感覚のしくみ
  • 嗅覚のしくみ
  • 味覚のしくみ  ほか

【12章】 体を構成するもの(細胞生理学)
  • 細胞の機能と構造
  • 細胞膜の機能と構造
  • 細胞膜の輸送システム
  • 細胞分裂と細胞周期  ほか

【13章】 薬理学の基礎
  • 薬はどこに作用するか
  • 薬はどのように作用するか
  • 薬物の形態と投与ルート
  • 薬の投与から排泄まで
  • 薬の作用効果
  • 創薬プロセス  ほか
同一ジャンルの本