キーワード検索
詳細検索





はじめてでもよくわかる!図面の描き方

社会人になってはじめて製図を学ぶ人でも、ひとりで読めるように、大学生向けに機械設計製図講義を行う著者がやさしく解説。
本書で一通りの学習をすれば、ものづくりの現場で通用する製図のスキルが身に付き、実用的な部品の図面が描けるようになる。
巻末の演習問題で理解度がチェックできる。
製図規格の改正等は専用ブログで随時フォロー。

飯島 晃良 著   コンデックス情報研究所

ISBN:978-4-415-32980-2
2021年05月28日発行
A5判 320ページ
価格 1,980円 (税込)

CONTENTS
【第1章】 図面の基本
  ● 図面の役割
  ● 図面の種類
  ● 製図の企画
  ● 図面を描くためのツール

【第2章】 図面の構成
  ● 図面のサイズ
  ● 図面の様式
  ● 図面の尺度
  ● 線の種類と使い方
  ● 製図の文字

【第3章】 投影法の基礎
  ● 投影法の種類と用途
  ● 正投影法

【第4章】 正投影法による図形の描き方
  ● 主投影図を選ぶ
  ● 必要な投影図の数
  ● 図形の向き
  ● かくれ線の取り扱い
  ● 補助となる投影法

【第5章】 断面図の描き方
  ● 断面図の種類
  ● 全断面図
  ● 片側断面図
  ● 部分断面図
  ● 回転図示断面図  ほか

【第6章】 図形の省略
  ● 省略図示法

【第7章】 寸法の記入法
  ● 寸法記入の原理
  ● 寸法記入の単位
  ● 基本的な寸法記入法
  ● 寸法補助記号を用いた効果的な寸法記入法
  ● 繰り返し形状の寸法記入法  ほか

【第8章】 表面性状
  ● 表面性状の表し方
  ● 表面粗さの例
  ● 表面粗さの種類
  ● 表面性状の図示法
  ● 表面性状の記入法

【第9章】 公差とはめあい
  ● サイズ公差(寸法公差)
  ● 公差の表し方
  ● はめあい
  ● 普通公差
  ● 幾何公差

【第10章】 溶接記号
  ● 溶接の種類

【第11章】 材料記号
  ● 材料について
  ● 材料記号の分類
  ● 鉄鋼材料の記号
  ● 非鉄金属の材料記号
  ● 代表的な金属の材料記号  ほか

【第12章】 機械要素図面の描き方と演習
  ● ねじの製図
  ● ばねの製図
  ● 図面の描き方演習
同一ジャンルの本