キーワード検索
詳細検索





はじめての米国株入門

投資の初心者にこそトライしてもらいたいのが、投資家が利益を上げやすい環境が整っている「米国株式投資」。
「これから米国株式投資を始めたい」という人に向けて、米国株を含めた株式投資の基本知識、米国株の個別銘柄や投資信託の売買法、投資のコツ、などをオールカラーでやさしく説明。
この一冊でOK!

岸 泰裕

ISBN:978-4-415-32958-1
2021年01月29日発行
A5判 176ページ
価格 1,540円 (税込)

CONTENTS
<プロローグ>
 ● 身近な存在になった米国企業
 ● 株式市場のあゆみ 日本でこれだけ差がついた!
 ● アップル、アマゾン・・・実はよく知っている米国企業
 ● 米国株なら1株から投資できる!
 ● 米国株投資にはこんなリスクもある
 コラム: アップルはAAPL、フェイスブックはFB

【PART】 解説します!株式投資の基本の基本
 ● 株式投資とは会社のオーナーになること
 ● 株式投資 どうなると儲かるの?
 ● 株価の変動以外でも儲かる? 配当ってなに?
 ● 株主なら出席できる株主総会とは?
 ● 日本人が好きな株主優待制度 米国株にはないの?
 ● 株価はなぜ上がったり下がったりする?  ほか
 コラム: 米国株式投資と日本人

【PART2】 米国株投資をはじめるには?
 ● 株は証券会社を経由して売買する
 ● 日本から米国株を買うには?
 ● 株式が売買される場所「証券取引所」
 ● 株式投資にかかる手数料は?
 ● 株式投資にはどんな注文方法がある?
 ● 米国株式投資の手数料で証券会社を選ぶなら?  ほか
 コラム: 中上級者向け さまざまな売買注文

【PART3】 投資信託やETFを活用する
 ● 簡単にはじめるならインデックス投信!
 ● プロが銘柄選び&売買をしてくれる投資信託
 ● 投資信託のしくみと手数料
 ● 上場している投資信託、ETF
 ● 投資信託とETF メリットとデメリット
 ● 税金が優遇されるNISAで米国株に投資する  ほか
 コラム: ETFにはこんな異色なものも!

【PART4】 米国株の個別銘柄に投資する!
 ● 米国株個別銘柄の情報はどう入手する?
 ● 個別銘柄投資での投資スタイル
 ● 注目の個別銘柄
 コラム: 米国株じゃないけど米国株 ADR(米国預託証券)

【PART5】 チャート&銘柄情報の見方・活かし方
 ● 株価チャートを読めるようになる!
 ● 株価チャートの基本 ローソク足の見方
 ● 移動平均線で株価のトレンドを読む
 ● 売買のチャンスを判断! グランビルの法則
 ● トップ(天井)とボトム(底)を知っておく
 ● RSIで株価の行き過ぎを分析する  ほか
 コラム: 米国株と日本株の関係

【PART6】 経済統計とニュースを米国株投資に活かす
 ● 株価を動かす経済統計GDP
 ● 雇用統計が経済政策を左右する
 ● GDPに影響大! 消費者関連統計
 ● 政策金利と株価の関係は?
 ● 米国株はちょっと違う? 債券利回りと株価の関係
 ● コロナ禍で各業界はどう変わる?
 コラム: ソロス、レイ・ダリオ、バフェットのライバルたち

【PART7】 金融工学MBAが伝授! 失敗しない米国株投資術
 ● リスクとリターンを正しく理解する
 ● 許容できるリスクと許容できる損失を自覚しておく
 ● 知ってますか? 許容リスクと時間の関係
 ● 複利運用を武器にする!
 ● 目的を明確にすれば投資戦略も見えてくる
 ● 米国株投資での分散投資の考え方  ほか
 コラム: 米国株投資で暉く相場格言
同一ジャンルの本