キーワード検索
詳細検索

new!

思い出のブルートレイン

『走るホテル』と称賛された夜行寝台特急は、その青い車体からブルートレインと呼ばれた。
2009年「九州特急」全廃、2015年には最後のブルートレイン「北斗星」が運転を取りやめ、半世紀余の歴史を閉じた。
いまは思い出となった還らぬ旅路を臨場感ある乗車記で再現。
2000年から2009年の間に「鉄道ジャーナル」に掲載された数多の乗車取材レポートから厳選、再編集した8編を収録。

鉄道ジャーナル編集部

ISBN:978-4-415-32358-9
2017年07月11日発行
B5変判 128ページ
価格 1,620円 (税込)

CONTENTS
<ブルートレインの旅をもう一度>
   上野 ― 青森間寝台特急あけぼのに乗る
                    (「鉄道ジャーナル」2009年8月号掲載)

<特急さくら哀歌>
   二桁列車番号に甘んじる
                    (「鉄道ジャーナル」2000年3月号掲載)

<あさかぜの旅路>
   ブルートレイン伝統の灯を守り続ける
                    (「鉄道ジャーナル」2002年7月号掲載)

<はくつるに捧ぐ>
   さよなら僕のブルートレイン
                    (「鉄道ジャーナル」2003年1月号掲載)

<暁の星>
   40年間走り続けた寝台特急「あかつき」の疲労
                    (「鉄道ジャーナル」2005年2月号掲載)

<夢の続きの北斗星>
   北斗星2号 上野行き
              (「鉄道ジャーナル」別冊「ブルートレイン2005」掲載)

<ブルートレイン北へ―!>
   北斗星3号 札幌行
              (「鉄道ジャーナル」別冊「ブルートレイン2005」掲載)

<はやぶさを愛する人たち>
   九州行きブルートレインに乗って・・・ 人気を下支えする寝台車ファン
                    (「鉄道ジャーナル」2008年8月号掲載)

◇ はやぶさと九州特急
同一ジャンルの本