キーワード検索
詳細検索


ひとりでできる個人事業者の確定申告 令和4年3月15日申告分

  ●昨年度確定申告書からの変更点

「令和三年分用」「令和三年分以降用」の確定申告書様式では、「令和二年分以降用」から一部変更が行われました。

これまでの様式との違いに戸惑わないよう、申告書ABの第一表、第二表について、主だった変更点を下記にまとめました。

※書籍内では新様式を掲載しています。

 

《申告書A第一表 ~昨年版からの変更点》

◆様式左端

〇「令和五年一月から申告書Aは廃止され、申告書Bに一本化されます。」が追記された。

◆「住所・氏名等記載」欄

〇「個人番号」が「個人番号(マイナンバー)」に変更された。

〇押印欄が削除された(押印の必要なし)。

◆「収入金額等」攔

〇雑所得の「その他」欄に区分欄が追加された。……㋓

《申告書記入上の注意》

㋓の 「区分」欄:個人年金保険に係る収入がある場合は「1」、暗号資産取引に係る収入がある場合は「2」、両方の収入がある場合は「3」を記入する。

 

《申告書A第二表 ~昨年版からの変更点》

◆「所得の内訳」欄

〇「給与などの支払者の名称・所在地等」が「給与などの支払者の「名称」及び「法人番号又は所在地」等」に変更された。

◆「住民税に関する事項」欄

〇「非上場株式の少額配当等を含む配当所得の金額」が「非上場株式の少額配当等」に変更された。

〇「非居住者」が「非居住者の特例」に変更された。

〇「特定配当等の全部の申告不要」欄が追加された。

《申告書記入上の注意》

「特定配当等の全部の申告不要」欄:令和3年中の配当所得が、特別徴収された特定配当等の額のみで、その全てを住民税において特別徴収としたい場合には、〇を記入する。

⇒詳しくは「確定申告の手引き 確定申告書A用」の30ページ参照。

 

《申告書B第一表 ~昨年版からの変更点》

◆「住所・氏名等記載」欄

〇「住所」が「現在の住所」に変更された。

〇「個人番号」が「個人番号(マイナンバー)」に変更された。

〇押印欄が削除された(押印の必要なし)。

◆「収入金額等」攔

〇事業所得の「営業等」「農業」「不動産」欄に区分欄が追加された。……㋐~㋒

〇雑所得の「その他」欄に区分欄が追加された。……㋘

《申告書記入上の注意》

㋐または㋑の「区分」欄:令和3年の記帳・帳簿の保存の状況に応じて、15の数字を記入する。

15の内容については「確定申告の手引き 確定申告書B用」8ページ参照。

㋒の「区分1」攔:国外中古建物の不動産所得に係る損益通算等の特例の適用がある場合は、「1」を記入する。

㋒の「区分2」欄:令和3年の記帳・帳簿の保存の状況に応じて、15の数字を記入する。

15の内容については「確定申告の手引き 確定申告書B用」9ページ参照。

㋘の「区分」欄:個人年金保険に係る収入がある場合は「1」、暗号資産取引に係る収入がある場合は「2」、両方の収入がある場合は「3」を記入する。

 

 

《申告書B第二表 ~昨年版からの変更点》

◆「所得の内訳」欄

〇「給与などの支払者の名称・所在地等」が「給与などの支払者の「名称」及び「法人番号又は所在地」等」に変更された。

◆「住民税に関する事項」欄

〇「非上場株式の少額配当等を含む配当所得の金額」が「非上場株式の少額配当等」に変更された。

〇「非居住者」が「非居住者の特例」に変更された。

〇「特定配当等・特定株式等譲渡所得の全部の申告不要」欄が追加された。

◆「社会保険料控除等に関する事項」欄

〇タイトル部「保険料控除等に関する事項」が上記「社会保険料控除等に関する事項」に変更された。

《申告書記入上の注意》

「特定配当等・特定株式等譲渡所得の全部の申告不要」欄:令和3年中の配当所得及び株式等に係る譲渡所得等が、特別徴収された特定配当等の額及び特別徴収された特定株式等譲渡所得金額のみで、その全てを住民税において特別徴収としたい場合には、○を記入する。

⇒詳しくは「確定申告の手引き 確定申告書B用」の32ページ参照。

 

●なお、青色申告決算書・収支内訳書も押印欄が削除されました(押印の必要なし)。