キーワード検索
詳細検索





ゼロからわかる疾患別検査値読みこなし

様々な疾患を11章のカテゴリーに分類。各章は、疾患と検査の関係を理解する「疾患別・検査活用のポイント」ページと、その疾患カテゴリーでよく使われる検査データを理解する「検査データ」ページで構成。
基準値のまる暗記では決してつかめない、検査と疾患の関係や、異常値を示すメカニズムが一気に理解できる。
基準値をまとめたデータページも内容充実。検査時の留意点や、同時に押さえておきたい検査もまとめてわかる。

栗原 毅 監修

ISBN:978-4-415-32100-4
2016年10月12日発行
B5判 224ページ
価格 1,728円 (税込)


正誤情報やダウンロードはこちら

CONTENTS
【第1章】 消化器系疾患

 ◇ 疾患別・検査値活用のポイント
   ● 慢性胃炎
   ● 胃・十二指腸潰瘍
   ● 潰瘍性大腸炎
   ● クローン病
   ● イレウス(腸閉塞)
   ● 肝炎
   ● 肝硬変  ほか
 ◇ 消化器系疾患でよく使う検査値
   ● ヘコタバクター・ピロリ
   ● ペプシノーゲンI
   ● ペプシノーゲンII
   ● 便潜血
   ● ガストリン
   ● γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)
   ● AST(GOT)  ほか

【第2章】 循環器系疾患

 ◇ 疾患別・検査値活用のポイント
   ● 高血圧
   ● 心筋梗塞
   ● 心不全
 ◇ 循環器系疾患でよく使う検査値
   ● クレアチンキナーゼ(CK)
   ● 心筋トロボニンT
   ● ヒト心臓由来脂肪酸結合タンパク(H-FABP)
   ● ミオシン軽鎖1
   ● 脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)
   ● 心房性ナトリウム利尿ペプチド(ANP)

【第3章】 呼吸器系疾患

 ◇ 疾患別・検査値活用のポイント
   ● かぜ症候群
   ● 気管支ぜんそく
   ● 肺炎
   ● 慢性閉塞性肺疾患(COPD)
   ● 肺結核
 ◇ 呼吸器系疾患でよく使う検査値
   ● 寒冷擬集反応
   ● 結核菌IFN-γ測定(QFT:クォンティフェロン)
   ● ASO定量(抗ストレプトリジン-O価定量
   ● 非特異的igE定量

【第4章】 腎・泌尿器系疾患

 ◇ 疾患別・検査値活用のポイント
   ● 糸球体腎炎
   ● 慢性腎臓病(CKD)
   ● ネフローゼ症候群
   ● 腎盂腎炎
 ◇ 腎・泌尿器系疾患でよく使う検査値
   ● 乳酸脱水素酵素(LDH)
   ● 血中尿素窒素(BUN)
   ● 尿沈渣
   ● 尿タンパク
   ● 尿潜血
   ● 尿酸(UA)
   ● 血清クレアチニン(Cr)  ほか

【第5章】 脳・神経系疾患

 ◇ 疾患別・検査値活用のポイント
   ● 脳血管障害
   ● 髄膜炎・脳炎
   ● 認知症
   ● パーキンソン病

【第6章】 血液・造血器系疾患

 ◇ 疾患別・検査値活用のポイント
   ● 貧血
   ● 多発性骨髄腫
   ● 突発性血小板減少性紫斑病
   ● 血友病
 ◇ 血液・造血器系疾患でよく使う検査値
   ● 白血球数(WBC)
   ● 赤血球数(RBC)
   ● 白血球分画(白血球像)
   ● 赤血球恒数
   ● 赤血球沈降速度(ESR、赤沈)
   ● 血色素量(ヘモグロビン濃度:Hb)
   ● 血小板数(Plt)  ほか
同一ジャンルの本